フェイシャルマッサージ

どうにかしたいと対策を考えてやみくもにフェイシャルマッサージをする人がいらっしゃいますが、目の下の皮膚は薄くて敏感なので、こするように強く力を入れるだけの乱暴なフェイシャルマッサージであれば良い効果は期待できません。

思春期ではないのに発生する難治性の“大人ニキビ”の患者が増加傾向にある。
10年もの間この大人のニキビに苦痛を感じ続けている多くの女性が当院にやってくる。

知らない内にPCに釘付けになっていて、眉間に縦じわを作り、その上に口元は口角の下がったへの字(因みに私は別名「富士山ぐち」と勝手に呼んでいます)をしているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

下半身は心臓から離れているため、重力の関係でリンパの流通が滞留することが一般的である。
むしろ下半身が浮腫むのは、リンパ液がほんの少し滞っていますよという証の一種程度に捉えたほうがよい。

メイクアップの欠点:肌への影響。
毎朝するのは煩わしい。
化粧品を買う費用がやたらとかかる。
メイクで皮膚が荒れる。
お化粧を直したり化粧をする時間の無駄遣いだということ。

 

ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪や甘皮などのお手入れ全般を指す。
ヘルスケア、ビューティー、ファッション、皮膚科の医療行為、生活の質(quality of life=QOL)の保全など多岐に渡る捉え方が存在し、今やネイルケアは一つの確立された分野となっているのだ。

メイクアップの長所:自分の顔立ちがちょっとだけ好きになれること。
顔にたくさん点在する面皰・黄ぐすみ・毛穴・そばかす・ひっかき傷を隠すことが可能。
時間をかけて綺麗になっていくという面白さ。

よく目立つ目の下のたるみを解消する方法で効果が分かりやすいのは、ずばり顔面のストレッチ体操です。
顔にある表情筋は知らない内に固まっていたり、その時の精神状態に関わっていることが頻繁にあります。

皮膚の若さをキープするターンオーバー、別言すると肌を入れ替えることができる時は限定されていて、日が落ちて夜眠っている間だけだそうです。

何となくパソコンやスマホの画面に見入っていて、眉間に縦ジワ、且つ口角の下がったへの字ぐち(このスタイルを私はシルエットがそっくりなので「富士山口」と呼んだりします)なのでは?これはお肌の大敵です。

 

何れにしても乾燥肌が日常の暮らしや周辺の環境に大きく起因しているのであれば、毎日のちょっとした身辺の癖に配慮さえすればほとんどのお肌の悩みは解決するでしょう。

肌細胞の分裂を促進して、肌を再生させる成長ホルモンは昼間の仕事などの活動している時間帯にはほぼ分泌されず、日が暮れてからゆったりと体を休め落ち着いている状態で出ると言われています。

形成外科とは異なって美容外科が損壊などのない健康な身体に外科的な処置を行う美容のための行為であるのに、安全性への意識が足りなかったことが大きな元凶としてあるのだ。

お肌の乾燥の主因の一つであるセラミドと皮脂の下落は、アトピー性皮膚炎患者のように遺伝子レベルの要素によるものと、逃れようのない高齢化やコスメや洗浄料による後天性のものが存在しています。

仕事、終電帰りの飲み会、どうしても見たくなる深夜のスポーツ中継・翌日の子どものお弁当や食事の支度…。
お肌に悪いと知ってはいても、日常に置いては8時間もの睡眠を取れていない人がほとんどではないでしょうか。