美肌水の作り方

尿素水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を加えて作られた美肌水は低刺激で皮ふに優しく、ドライ肌の方に効果的な化粧水です。
防腐剤や芳香剤など余分なものを使っておらず、皮膚の敏感な方でも使うことができます。

メイクの欠点:涙が出るとまるで修羅のような恐ろしい顔になる。
わずかに多くなっても派手になってしまい自爆する。
顔の造形をごかますのには限界がある点。

皮ふのサンバーンによって発生したシミをどうにか薄くしようとするよりも、シミが発生しないように防護したり、お肌の奥に隠れている表出していないシミをブロックすることの方が大事だということを知っていましたか。

美容外科(cosmetic surgery)は、とどのつまり外科学のジャンルで、医療に主軸を据えた形成外科学(plastic surgery、plastic…形を作るの意)とは別のものだ。
更に、整形外科学とも混同されやすいのだが1分野が異なっている。

身体中にあるリンパ管に並ぶようにして走っている血行が鈍化すると、人体に欠かせない栄養や酸素がうまく運ばれず、最終的には余分な脂肪を多く定着させる素因となります。

 

トレチノイン酸療法は、目立つ濃いシミをわずか数週間で淡くするのにとても効果のある治療法で、中年以降にみられる老人性色素斑・光治療の効かない炎症後色素沈着・女性に多くみられる肝斑・にきび跡などに最適です。

もう一つ、たるみに深く関わってくるのが表情筋。
喜怒哀楽の様々な表情を繰り出す顔に張り巡らされた筋肉のことです。
コラーゲンと同様、表情筋の働きも加齢に従い鈍化するのです。

頭皮のケアは別称スカルプケアとも言われるお手入れ方法です。
スカルプは毛髪の症状の代表である「抜け毛」「薄毛」にとても大きく関わると同時に、フェイスラインの崩れや弛みなどにも影響を及ぼすといわれています。

夏場に汗をかいて体の中の水分が少なくなってくると自然に尿の量が減らされて代わりに体温調節に必要な汗用の水分が溜められ、この水分が使用されないと結果として浮腫みの原因になると言われています。

どうにかしようという気持ちから自己流のマッサージをする方もいるようですが、ことさら目の下の皮膚は薄くて弱いので、強く力任せにおこなうだけの乱暴なフェイシャルマッサージは逆効果になります。

 

メイクアップのデメリット:メイク直しをしなければいけない。
洗顔して素顔に戻った時に味わうガッカリ感。
コスメの費用が案外かさむ。
メイクしないと人に会えない強迫観念に近い呪縛。

慢性的な睡眠不足は人の肌にどういうダメージを与えるかご存知でしょうか?その代表が皮ふのターンオーバーの乱れです。
健康なら28日単位である皮膚の入れ替わるサイクルが遅れます。

知らない内にPCやスマホの画面に集中してしまって、眉間にしわ、さらに口角を下げたへの字(因みに私はこの形を別称「富士山ぐち」とも呼んでいます)になっているのではないでしょうか?これはお肌にとって最悪です。

肌のターンオーバーが狂うと、色々な肌の老化現象や肌トラブルを招きます。
目元などのしわ・濃くなるシミ・顔色がパッとしないくすみ・隈・たるみ・肌荒れ・乾燥など、まだまだ書き出してみればキリがないほど大変です。

乾燥肌というのは、お肌に含まれる角質層の細胞間脂質(セラミド)と皮脂の量が水準値よりも低下することで、お肌にある潤いが蒸発し、肌がカサカサに乾燥してしまう症状です。