美白は必要?

美白という考え方は90年代後半に美容研究家の鈴木その子が一押ししてブームになったほどだが、それ以前からメラニン色素の沈着による様々な肌トラブル対策のことばとして活用されていたようだ。

たくさん汗をかいて体のなかの水分量が少なくなってくると尿の量が減らされて体温調節に欠かせない汗のための水分がストックされるために、この余った水分そのものが実は浮腫みの原因になると考えられています。

きれいに見せたいという気持ちでフェイシャルマッサージをする方がいるようですが、こと目の下は敏感で繊細なので、こするように強く力をかける粗っぽいフェイシャルマッサージは悪影響をもたらしかねません。

化粧の悪いところ:昼には化粧直しをする必要がある。
クレンジングして素顔に戻った時の落差。
コスメの費用が案外痛い。
ノーメイクだと誰にも会えないある種の強迫観念。

早寝早起きを習慣にすることと週2回以上楽しくなる事をすれば、心身の度合いは上がると考えられています。
こんな場合も起こりますので、アトピー性皮膚炎にお困りの患者さんは皮膚科の病院を受診するようにしましょう。

 

最近よく耳にするデトックスとは、身体の内側に蓄積してしまったあらゆる毒を体の外へ出すという古くからの概念を継承した健康法でカテゴリーとしては代替医療に区分けされている。
「取り除く=解毒」という意味を持つ「detoxification」を短く表現した言葉である。

例を挙げるなら…あなたは今、PCを眺めながら頬杖をついているのでは?実はこの姿勢は手の平からの圧力を直接頬に当てて、繊細な肌に対して不必要な負担をかけることにつながっているのです。

患者さんはそれぞれ一人一人肌質が違いますし、先天的な要素によるドライスキンなのか、そうではなくて生活習慣など後天的な要素によるドライ肌なのかというタイプによって処置方法が異なってきますので、十二分の注意が必要とされるのです。

全身にあるリンパ管と並行して動いている血の循環が鈍くなると、様々な栄養や酸素(O2)がうまく移送されず、結果的には不要な脂肪を多く蓄積させる因子となります。

押し返してくるお肌のハリ。
これをもたらしているのは、健康食品でおなじみのコラーゲン、すなわちタンパク質です。
バネの働きをするコラーゲンがしっかり皮膚を支えていれば、嫌なタルミとは無縁なのです。

 

無意識にパソコンやスマホの画面に見入ってしまい、眉間に縦ジワ、その上口角を下げたへの字(この形を私は別称「富士山ぐち」とも呼んでいます)なのでは?これはお肌の大敵です。

日常的な睡眠不足は人の肌にはどんな悪影響をもたらすのでしょうか?その代表が皮ふのターンオーバーが乱れてしまう事。
健康なら28日毎にある皮膚の生まれ変わる周期が遅れがちになってしまいます。

ネイルケア(nail care)とは、手足の爪のお手入れ全般を指す言葉。
ヘルスケア、ビューティー、ファッション、皮膚科医による医療行為、生活の質(QOL)の保全など多くのジャンルが存在し、今やネイルケアは確立された分野と言えるだろう。

日本皮膚科学会の判定の目安は、①痒み、②固有の皮疹とその配置、③慢性及び反復性の経過、3つすべてに該当する病気を「アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)」と診断する。

紫外線を浴びたことによって濃くなってしまったシミを目立たなくさせようとするよりも、シミが作られてしまわないように事前に対策を施したり、肌の奥に隠れているシミの候補を防ぐことの方が大切だということをご存知でしょうか。