メラニン増加が原因の様々な皮膚トラブル

美白(びはく)という美容法は95年から99年頃にかけて美容研究家の鈴木その子の活躍とともにブームにまでなったが、もっと昔からメラニン増加が原因の様々な皮膚トラブル対策の言葉として採用されていた。

ことに22時~深夜2時までの240分間は皮膚のゴールデンタイムと呼ばれており、肌の生まれ変わりがより一層活発化する時間帯です。
この時間に眠ることがどんな化粧品にも勝る肌の美容法と考えています。

慢性的な睡眠不足は皮膚にはどういうダメージをもたらすかご存知ですか?その代表のひとつは皮膚のターンオーバー(新陳代謝)が遅延すること。
健康なら28日単位である皮膚の入れ替わる速度が遅れてしまいます。

辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の原因には、1.腸内や表皮、肺、口腔内などの細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的素因、3.栄養面での問題、4.環境面での要素、5.1~4以外の要素の意見が主流となっている。

本国において、肌色が透き通るように明るく淀んだくすみやシミの出ていない状態を好ましく考える風習がかなり古くから広まっており、「色の白いは七難隠す」という諺もあるくらいだ。

 

メイクの悪いところ:皮ふへのダメージ。
毎朝化粧するのは面倒くさくてたまらない。
メイクアイテムの費用がやたらと嵩む。
皮膚が荒れる。
お直しやメイクをするので時間が勿体ないと感じる。

貴方は、果たして自分の内臓が元気で健康だと言える根拠があるでしょうか?“思うように痩せられない”“肌が荒れてしまう”などの美容のトラブルにも意外に思われるかもしれませんが内臓の健康状態が深く関係しています!
アトピーの原因:家族の病歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(atopic dermatitis)のうち何れか、もしくは2種類以上)、IgE 抗体を生成しやすいと思われる素因、など。

むくむ理由は色々ですが、季節の影響も少なからずあることをご存知でしょうか。
30℃を超えるような暑さになって水分を多く摂り、汗をかく、この季節にこそ浮腫みの原因が内在するのです。

20才を越えてから現れる難治性の“大人ニキビ”の患者が増加傾向にある。
もう10年間こうした大人のニキビに苦痛を感じ続けている方が皮膚科の医院の門をたたいている。

 

強いUVを浴びたときに肌のダメージを抑える方法は3種類。
1.日焼けしたところを冷やす2.多めに化粧水をパッティングしてきちんと潤いを保持させる3.シミを防ぐためにもはがれてきた皮を剥いては絶対にいけない
メイクのメリット:新しいコスメが発売された時のドキドキ感。
素顔とのギャップが愉快。
化粧品に費用をかけることでストレスを発散できる。
メイクをすること自体の知識欲。

デトックスという方法は、様々な栄養補助食品の使用及び岩盤浴で、それらの体の中の有毒な物質をできるだけ体外へ排出してしまおうとする手段のひとつとされているらしい。

ネイルケアというのは、爪の手入れを指す言葉。
美容だけでなく、ヘルスケア、巻き爪処置など皮膚科の医療行為、生活の質(quality of life)の保全などあらゆる場面で活躍しており、今やネイルケアは確立された分野となっているのだ。

爪の生成される様子は樹木の年輪のように刻まれるものであるが故に、その時に健康かどうかが爪に反映されることがよくあり、髪と等しくすぐに確認できて判断しやすいので健康のバロメーターとも呼ばれている。